社員への損害賠償請求について

<Q>
不注意で社有車をお得意様の塀にぶつけた者がいる。
修理費用を全額請求できるか?


<A>
結論から言うと損害賠償の請求をすることができます。が、

全額を請求するには問題があります。

第三者に損害を与えた場合は、
会社がその損害賠償をしなくてはなりません。

社員に対する損害賠償の請求ですが、民法第715条第3項は、

「使用者は当該従業員に対して求償権を行使することができる」と

定めています。

この求償権の法的性質は従業員の行為によって
会社が損害を被ったことを理由とする損害賠償請求です。

この求償権行使として会社が得意先に支払った費用について
従業員に請求することができます。

但し、裁判所は企業と労働者の間で損害を公平に
分担すると言うことから求償を一定の
範囲で制限する立場を取っています。

その背景には、事故の危険性を
内在する企業活動によって収益を上げているのだから
損失も企業がある程度負担すべきであるという考え方や

労働条件(過労など)や会社の設備の不備などが
事故の原因になっているという考え方があります。

判例は、求償を全損害の四分の一に制限しています。

裁判になるまでなるのは稀だと思いますが、
従業員との話合で金額を決める場合であっても
公平な解決を図るべきです。

このようなことから全額賠償させるというのは、
特別事情(今回が初めてでない等)がない限り適性ではないといえます。
自社の車両の修理費の損害賠償についても同様です。