なぜ「偽装請負」をするのか?<労働者派遣とは・・・>

「労働者派遣」とは、

「自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、

かつ、他人の指揮命令を受けて、

当該他人のために労働に従事させることを言い、

当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを

約してするものを含まないものとする」とされています。

労働者派遣とは、1人の労働者について

雇用主と使用主が分離している形態をいいます。

そして、労働者派遣の場合、派遣中の労働者は、

「派遣先の指揮命令を受け、派遣先の為に労働に従事する」ものですから、

派遣先の職場に入り、派遣先の機械、装置、器具、設備、通路

その他一切の機器や建設物を仕様ないし利用して

派遣先での指揮命令下に就業しているものです。

したがって派遣先における就業中及び就業に関連する

物的施設等や処理する作業方法は派遣先の所有又

は占有するものを使用し、

又は派遣先の定める作業方法により作業することに

ならざるを得ません。

派遣労働者の安全衛生を確保するため、

原則として実際に就業させ指揮命令して業務を遂行させている

派遣先事業者に安全衛生上の管理責任を負わせる

必要であると認められます。

そこで、派遣先が危険防止等の措置義務(安全衛生管理)を

負う旨の「みなし規定」が派遣法で定められています。