参考:守秘義務誓約書

          <守秘義務誓約書文章例>

この度私は派遣もとの(株)○○より貴社に派遣され、貴社において労働者派遣個別契約に定める業務に従事するに当たりまして、下記のとおり確認し、誓約いたします。

                記

1.貴社のお役様、お取引先関係者及びその家族並びに貴社の役員、

  従業員その家族等の関係者の個人情報で、業務上取扱又は知りえた

  事項(個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、

  生年月日、住所、電話番号その他の記述等により特定の個人を

  識別することができるもの。なお、他の情報と容易に照合することが

  でき、それにより特定の個人を識別することができるものを含む)

  について、不当に漏洩し、開示し、又は不正に利用する当は一切

  いたしません。


2.貴社並びにお客様、お取引先等に関し業務上知りえた営業秘密

  (経営、営業、精算、企画、財務、経理、人事、開発、研究、

   宣伝その他の企業情報を言う。)について、不当に漏洩し、

   開示し、又は不正に利用する当は一切いたしません。


3.貴社の文書、記録、情報(電子データパスワード等を含む)、

  帳簿等(企業情報のみならず個人情報も含む。)について、

  貴社の許可なく就業場所の外に持ち出すことはいたしません。


4.貴社の許可なくしようの電算機、磁気ディスク、

  その他記録装置等を就業場所に持ち込むことはいたしません。


5.貴社から業務上受領した個人情報、企業情報を含む資料について、

  貴社の事前の承諾のない限り複製物を作成し、又は加工するような

  ことはいたしません。


6.貴社から業務上受領した個人情報、企業情報を含む資料

 (当該資料の複製物を含む)はその資料を用いて行うべき業務が

  終了した時、又は貴社より返却すべき旨の通知を受けたときは、

  直ちに返却いたします。


7.貴社の派遣先指揮命令者又はそれに代わる上司、担当者等の

  許可なく就業時間中に使用通話、使用通信等を行なうようなことは

  いたしません。


8.貴社の許可なく貴社の通信、情報機器、電算機その他の

  情報システムを使用に用いることはいたしません。


9.貴社の情報管理のために行う必要な関し。調査についてはこれを

  承諾し、又必要に応じ協力し、これらの検査及び調査には応じます。


10.上記の各情報の漏洩、開示若しくは不正な利用等が発生した

   場合又はお客様その他関係者から異議、通報等のあった場合には、

   直ちに貴社派遣先責任者又はそれに代わる上司。担当者に報告、

   連絡の上、その指示等に従います。


11.第1項及び第2項の守秘義務等は、本件派遣契約が終了した後も

   遵守いたします。


12.本件派遣契約が愁傷利他場合には、上記各情報に関し全ての

   資料記録、データ等を貴社に返却し、又は貴社の承諾を得て

   破棄し、その結果を検収頂くと共に、その旨の認誓約書の作成に

   からかじめ同意いたします。


13.万一本件制約に反し、不当な漏洩、開示又は不正な利用等を行い、

   若しくは私の重大な過失によって漏洩等の結果を生じ、

   貴社に損害をおかけいたしました時は、

   その損害の賠償をいたします。