抜け殻正社員、派遣、請負依存経営のツケ・・・第4回

しかし、2004年に入ると状況が一変した。

キャノン本社が「現場にトヨタ生産方式を導入する」と宣言し、

この日を境にベテラン正社員が生産ラインから姿を消した。

「彼らはみんな偉くなって、カイゼン何とかと言う部署に上がっていった」(大野)。

現場に残った正社員は管理業務に専念し、

実作業には一切タッチしなくなった。

2005年5月、キャノンは大野たちとの

契約を請負から派遣に切り替えた。

2004年3月施行された改正労働者派遣法で、

製造現場への人材派遣が可能になったからだ。

正社員が請負社員に指示するのは違法だが、

派遣社員なら問題ない。

但し、はこの場合は1年以上雇用し続けると本人の希望を聞いて

正社員に登用しなくてはならない(現在は3年)。

「ひょっとしたら正社員になれるのか」大野らが

淡い期待を抱き始めた2006年5月、キャノンは契約を

再び請負に戻した。

そして10月、新聞報道などで偽装請負が社会問題化すると、

今度は大野たちがいる職場から正社員を全員引き上げた。

キャノンの正社員に代わって、現場を管理するようになったのは

アイラインの正社員。業務請負本来の姿になったわけだ。

丸投げですむ単純作業なら、これで問題はないはずだが、

高い技能が要求されるレンズ研磨はそうはいかない。