半日年休も労働時間に含むのですか。午後出社し残業した場合割増払う義務はありますか。

<質問>

当社の労働時間は午後8時から午後5時で休憩1時間の

8時間です。

社員が半日年休を取得し、午後1時から出勤して、

午後7時まで勤務しました。

午後5時以降の勤務には時間外割増賃金25%を

支払わなければならないのでしょうか。

 

 

<アドバイス>

時間外労働として割増賃金の支払い対象になるのは

実際に労働した時間です。

年次有給休暇の本質は労働義務の免除にありますから、

たとえ賃金が支払われても半日間働いたということはできません。

 

ご質問では午前中に4時間の年休をとっていますが、

実際に労働したのは1日の法定労働時間8時間に満たない

午後1時から7時までの6時間ですから、

割増賃金の支払い義務は生じない(所定終業時刻以降の2時間には

通常賃金100%を支払う)ことになります。

 

労基法にいう労働時間は実労働時間を指します。

したがって時間外割増の労基法上の支払い義務が生ずるのも、

実労働時間が法定労働時間を超えた場合に限られます。