休日労働をして代休を与えた場合、割増手当は支払う必要はありますか

<質問>

休日労働をして代休を与えた場合、割増手当は支払う必要はありますか。

 

 

<アドバイス>

代休とは、実際に休日に労働させてから、その後で休日労働の代償として

特定の労働日を休日として休ませることをいいます。

 

代休は法律上認められたものではなく、就業規則などの定めによって

はじめて代休の付与を求める権利が生じます。

行政解釈は「労基法第36条第1項によって休日労働をした労働者に対しては

以後必ず代休を与えなければならないか」という問いに対して、「代休を与える

法律上の義務はない」としています。

 

代休の申請があり、使用者が承認して代休を与えた場合であっても、

現に行われた休日労働が休日労働でなくなるわけではありません。

休日のうち、労基法第35条に規定する週1日または4週4日の法定休日に

労働した場合には、法定休日労働の割増賃金を支払う必要があります。

また、法定休日以外の労働により、その週の法定労働時間40時間を

超える場合には、超えた時間が時間外労働となり、時間外の割増賃金を

支払わなければなりません。

代休によって休日労働や時間外労働が帳消しになるものではありませんので、

代休を与えても、割増賃金の支払いを要します。

 

代休の日を有休とするか無給とするかは当事者の定めるところによります。

無給であれば、休日労働に対して割増賃金を支払い、別途、代休の日は

通常の賃金(100%)の1日分を差し引くことになります。