平成22年4月から労基法が改正されるが中小企業は当分の間猶予されるそうですが・・・。

<質問>

平成22年4月から労基法が改正されるが中小企業は当分の間猶予されるそうですが・・・。

 

 

<アドバイス>

労基法の主要改正点は、次のとおりです。

@36協定の特別条項発動時には、2割5分増しを上回る割増賃金の支払(努力義務)

A月60時間を超える時間外発生時には5割以上の割増賃金の支払(強制義務)

B前期割増の支払いに代え、有休の休暇付与(労使協定必要)

C5日を限度に年休の時間単位付与(労使協定必要)

 

このうち、中小企業に対する猶予措置が講じられているのは、Aだけです。

他の規定は、規模に関係なく平成22年4月1日から適用されます。