離職理由巡り意見が対立、証明書にどう記載するか

<質問>

解雇により退職することになった労働者から退職時証明書について

請求がありました。

退職理由について、会社側と労働者に相違があるのですが、

このような場合、法的にはどのように対処したらよいのでしょうか。

 

<アドバイス>

労働者と使用者との間で退職の事由について見解の相違がある場合、

使用者が自らの見解を証明書に記載し労働者の請求に対し沈滞なく

交付すれば、基本的には法第22条第1項違反とはなりません。