私傷病欠勤で復職不可、自動退職の規定は有効か

<質問>

就業規則に休職期間が満了しても復職の見込がないときには、

退職とする旨が規定されています。

休職期間が満了するときに、その30日前に解雇予告あるいは

退職となることの通知が必要でしょうか。

 

<アドバイス>

休職期間満了による自動退職も退職として有効かどうかという問題については、

 

@期間満了の翌日など一定の日に自動終了することを、明白に就業規則に

定め明示すること

Aその取扱いについて例外的な運用がなされていないこと

 

以上の条件を満たしていれば、定年と同じように終期の到来による

労働契約の終了となり、解雇の問題は生じないとされています。

就業規則に、「私傷病休職について休職期間満了までに休職原因が

解消しないときは、期間満了をもって当然退職とする」旨を定めている場合、

一般には契約は自動的に終了するものと解し、休職期間満了による

契約の終了は解雇ではないと考えられます。

休職期間満了による契約の終了は解雇ではありませんから、

その30日前に解雇予告をする必要はありません。

ただし、一方的に労働契約を終了するのではなく事前に労働者に

通知を行うことが、望ましいと考えられます。