私の作成した『どんと来い労働基準監督署』が山形新聞に!

私の作成した


どんと来い労働基準監督署 サービス残業解消マニュアル


image156.gif

が山形新聞(2005年8月31日朝刊)に取り上げられました。iage1.gif

<記事内容>
中小企業などの経営者に経営改善を促し、
より良い労使環境をつくってもらおうと、

社会保険労務士西塔秀幸さん(61)が、

冊子
「どんと来い労働基準監督署 サービス残業解消マニュアル」
(A5判 P100)を作成した。

実際に労務問題について相談を受ける立場から、
相談件数の多い順にポイントをまとめている。


西塔さんによると、
「給料に残業手当を含めているにもかっかわらず、
賃金未払い残業を指摘され、従業員から労働基準監督署に
訴えられた」という経営者からの相談が、

今年に入って7・8件寄せられたという。

経営者の知識不足により引き起こされる労使問題が
徐々に目立ってきていることに気付き、
1月上旬から冊子作りに取り組んだ。

冊子には、頻繁に相談を受けるという
残業手当や代休についてなど13の質問と、
それに対する対策が記されている。

例えば
『急ぎの用事でもないのに、無理やり残業して、
 残業手当を要求される場合はどうしたらよいか』

という相談には

「時間外労働は、所属長の指示あるいは所属長に申請を行い、
承認された場合のみが対象」など、

問答式になっている。

時間外労働や変形労働時間制などの
用語もわかりやすく説明している。


西塔さんは
『経営者の中には、法律への理解が浅いため、
 労働者に訴えられる場合もある。
 賃金不払残業対策などに役立ててもらいたい』と話している。
 一冊500円で販売。


位置情報この小冊子のご注文はコチラから・・・
代金(50円切手10枚)は、商品到着後、当事務所までお送り下さい。