監督指導による賃金不払残業の是正結果−平成16年度は約226億円−

厚生労働省 平成17年9月30日発表 より


監督指導による賃金不払残業の是正結果― 平成16年度は約226億円 ―

1  厚生労働省においては、平成16年4月から平成17年3月までの1年間に、全国の労働基準監督署が割増賃金の支払について労働基準法違反として是正を指導した事案のうち、1企業当たり100万円以上の割増賃金が支払われた事案の状況を、別添のとおり取りまとめました。

2  今後とも、重点的な監督指導の実施や本年11月を賃金不払残業解消キャンペーン月間とするなどにより「賃金不払残業の解消を図るために講ずべき措置等に関する指針」の周知等に努め、賃金不払残業の解消を図ることとしています。賃金費払い残業に係る是正支払いの状況