試用期間中の解雇予告義務について

<Q>

今春社員を採用しましたが、勤務態度・能力が劣っており、
解雇したところ労働基準監督署へ訴えられ、
労働基準監督署から解雇予告手当を支払うよう指導を受けました。

就業規則では、

「試用期間を三ヶ月とする。引き続き従業員として勤務させることが
不適当と認められる者は解雇する。」


旨の規程があり。
この場合、三ヶ月間の試用期間中解雇予告は必要ないと思うのですが?


 <A> 

試用期間中であっても採用後14日を超えて試用している場合は、
少なくとも30日前に解雇の予告をするか、
30日分以上の平均賃金を支払わなくてはなりません。


 解雇予告をせずに解雇できる労働者(労働基準法21条)は
 次の者に限られています。

  @日々雇入れられる者(日給者とは違います)

  A二ヶ月以内の期間を定めて使用される者

  B季節的業務に四ヶ月以内の期間を定めて使用される者

  C試の試用期間中の者
   ただし書き
   「14日を超えて引続き試用されるに
    至った場合においてはこの限りでない。」


  *したがって、試用期間中であっても14日を経過している者に
   ついては、解雇予告義務は免除されないこととされています。