試用期間中の者の解雇・本採用拒否について

<Q>
試用期間中の者について、
どういう場合に解雇や本採用を拒否することができるのか。
 
 
<A>

軽易な作業ミスにより解雇することは解雇権の濫用として、
認められるものでなく作業ミスの程度・回数及び作業ミスを
少なくするための指導や措置などを含め、客観的で合理的な
理由が求められます。

試用期間とは、一般的に本採用決定前の期間で
その間に労働者の勤務態度、能力、技能などを見て正式に
採用するかどうかを判断し決定するための期間です。


その期間中は就業規則や労働契約等で、本採用者に比べて
解雇権を広範に留保する会社が多く、解約権留保に基く解雇は、
通常の解雇よりも広い範囲において解雇の自由が認められると
解されています。


しかし、試用期間は解約権が留保されているとしても
全く自由に解雇できるというわけでなく、解約権留保の趣旨、
目的に照らして客観的・合理的に理由が存在し、
社会通念上相当と是認される場合のみ解雇が許されるものと解されます。


試用期間中といえども14日を超えて雇用されている場合は
労働基準法に基いて解雇予告が必要です。


少なくとも30日前に解雇の予告をするか、
即日解雇の場合は30日分以上の平均賃金を解雇予告手当として
支払う必要があります。