遅刻した者の割増賃金について

<Q>
遅刻した者の割増賃金について
 
 
<A>
労働基準法が強制している割増賃金は、
実働8時間を超えた部分に対してするものであり、
実働8時間に達しない部分について割増賃金を支払うかどうかは、
その事業場の定めにより決められます。

@就業規則で規程されている中の時間外勤務とは
 労働基準法でいう時間外労働をいうのか、
 所定労働時間を超えたものをいうのかによって、取扱いが異なる。

A実働8時間を超えていないので、
 労働基準法上の割増賃金を支払う義務は生じないが、
 @の場合と同様の取扱いになる。