営業手当を払っていれば割増手当を払わなくていいか

<Q>
営業手当を残業代の代わりに支払っていれば、
残業手当を払わなくてもいいと考え、
一律の手当を支払い残業手当を支払っていなかったところ、
労働基準監督署の臨検の際、割増手当を
2ヶ月遡って支払えと指導を受けたのですが・・・


<A>
一律手当が、通常の計算方法で算出される残業代の額より
多いのであれば問題はありません。

しかし、一律手当が実際の残業手当より少なければ
差額は支払うべきです。

きちんと時間を計算して算出した残業代が、
例えば常に4万円のところで変動しているとき、
5万円の定額の手当を支払うことは認められています。

しかし、実際の残業代が6万円となったときは、
5万円の定額手当で代えることは許されず、
差額の1万円を支払う必要があります。