セクハラについて

<Q>
どのような言動がセクハラになるのか?

<A>
1・対価型セクシャルハラスメント(改正均等法21条1項)

  職場において性的な言動が行われた際の女性労働者の対応により、
  その女性労働者が労働条件で不利益を受けること


(具体例)
@事務所内において、事業主が女性労働者に対して
 性的な関係を要求したが、その女性労働者が拒否したため、
 解雇すること


A出張中に車中において、上司が女性労働者の腰、胸等に触ったが、
 その女性労働者が抵抗したため不利益な配置転換をすること


B営業所内において、事業主が日頃から女性労働者に関係する
 性的な事柄について公然と発言していたがその女性労働者に
 抗議された為降格すること


2・環境型セクシャルハラスメント

  性的な言動により女性労働者の就業環境が害されること

(具体例)
@給湯室において、上司が女性労働者に対して抱きついてきたため、
 出勤するのが苦痛でつらくなってきていること(身体接触型)


A事務所内において、事業主が女性労働者の腰、胸等に
 度々触ったため、その女性労働者が苦痛に感じて
 その就業意欲が低下していること (身体接触型)


B同僚が取引先において「性的にふしだらである」などの噂を
 流したため、その労働者が苦痛に感じて取引先に
 行くことができないこと(発言型)


C会社内で顔を合わせると必ず性的経験や容姿・身体に
 関することについて聞く労働者がおり、女性労働者が
 非常に苦痛を感じていること(発言型)


D女性労働者が講義しているにもかかわらず、
 事務所内にヌードポスターを掲示しているため、
 女性労働者が苦痛に感じて業務に専念できないこと(視覚型)