月60時間超の時間外割増賃金率の引上げ

50%以上の割増賃金の支払いが必要となるのは、

 

時間外労働が1か月につき60時間を超えた場合に、

 

60時間を超えた時間の労働です。

 

時間外労働をカウントする基礎となる1か月の起算日から累計して、

 

時間外労働時間が60時間に達した時点より後の時間外労働について

 

50%以上の割増賃金の支払いが義務付けられることになります。

 

 

このため、実務上は、どの時点で時間外労働時間が60時間を

 

超えるのかを見極めるため、

 

月の時間外労働時間のカウントを開始する「1か月」の起算日を

 

明確にしておくことが重要となります。

 

ここで言う「1か月」とは、暦に従った1か月の期間を言います。

 

その起算日は、例えば「毎月1日」、「賃金計算期間の初日」、

 

あるいは「時間外労働協定(36協定)で定めた一定期間の起算日」などが

 

考えられます。

 

どの時点を時間外労働の算定の基礎とする1か月の起算日とするかは、

 

各事業場で決めることができます。

 

 

特に、就業規則等に定めがない場合には、

 

労使慣行等で異なる取扱いをしている場合を除き、

 

「賃金計算期間の初日」が起算日として取り扱われることとなります。

 

 

【就業規則例】