時間外労働削減の努力義務

今回の限度基準の改正では、

 

特別条項付き協定を締結する場合に、

 

限度時間を超える時間外労働をできる限り短くするよう

 

努めるべきことを明記しています。