回答3

<回答>

法第15条第1項の労働条件の明示に当たっては、

 

賃金の決定、計算及び支払の方法を明示することとなっているため、


当該割増賃金率についても書面で明示する必要がある。