回答4

<回答>

時間外労働時間数が@及びAの期間の限度時間を共に超えた場合においては、


時間外労働協定において特段の定めがあればそれによるが、

 

これが無い場合、一般的には、高い方の割増賃金率を適用することとなる。