回答15

<回答>

意向確認の程度は取得する意向があるか否か程度でよく、

 

実際の取得日、取得単位等は後から労働者の意向を踏まえて

 

決めることで差し支えない。