回答16

<回答>

代替休暇は使用者が与えるものであるが、実際に取得するか否かは労働者の

 

判断によるものであるため、使用者による一方的な変更等は認められず、

 

取得日の決定等は当然労働者の意向を踏まえたものとなる。


代替休暇の取得等の具体的な方法については、労使の話合により

 

労使協定で定めるものとされている。