回答22

<回答>

法第37条第3項の代替休暇は、「通常の労働時間の賃金が支払われる休暇」であり、

 

平均賃金や標準報酬日額で支払うことは認められない。


時間単位年休とあわせて取得する場合でも同様である。