回答24

<回答>

2ヶ月を超えた時点の直後の賃金支払日に使用者は代替休暇に相当する割増賃金を

 

支払わなければならない。


また、労働者が2ヶ月を超えた時点で休暇を取得した場合であっても、

 

それは代替休暇に該当せず、割増賃金の支払い義務に影響しない。