回答27

<回答>

時間単位年休を取得できる部分の日数であっても、日単位で取得するか

 

時間単位で取得するかは請求時の労働者の意思によるものであるので、


考え方としては@である。