回答31

<回答>

労働者の年次有給休暇の権利が阻害されないよう、あらかじめ

 

労使協定等においてこのような場合の取り扱いについて定めておくことが望ましい。