自殺との因果関係認めず/セクハラ訴訟判決

 <独立行政法人 労働政策研究・研修機構より>

 

2008年に三重県志摩市の近畿日本鉄道系リゾート施設「賢島宝生苑」の

 

女性社員が自殺したのは、職場でのセクハラ(性的嫌がらせ)で統合失調症

 

になったのが原因として、両親が同社に1億円余りの損害賠償を求めた

 

訴訟の判決で、津地裁(福渡裕貴裁判官)は19日、

 

セクハラの事実を認め、計20万円の支払いを命じました。

 

セクハラと自殺の因果関係は認められないとしました。

 

判決によると、女性は07年6月の新入社員歓迎会で上司に尻を触られた。

 

原告は女性社員がその後、会社を辞めさせてもらえず精神的に

 

追い詰められて08年1月に自殺したとしていたが、判決は認めませんでした。

 

賢島宝生苑側は口頭弁論で、上司が触ったことは認めたが

 

「性的な意味はなく、女性からの相談もなかった」などと主張していました。