就業規則は必ず定めなければならないのでしょうか

<質問> 

就業規則は必ず定めなければならないのでしょうか

 

<アドバイス>

 労基法89条

常時10人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について

就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。

次に掲げる事項を変更した場合においても、同様とする。(以下省略)

 

このように、法律上は、「常時10人以上の労働者を使用する使用者」は、

就業規則を作成しなければならないとされています。

作成義務を怠った場合には、罰金の制裁があります。

 

したがって、「常時10人以上の労働者を使用」しない場合には、

就業規則を定めなくても差支えありません。

もっとも、そのような場合でも、ルールを明確にするために、

就業規則を定めることをお勧めします。

この「10人以上の労働者を使用する」の意味については、

以下のとおりです。

 

@「常時」

常態として10人以上の労働者を使用している場合をいいます。

このため、ときおり(たとえば閑散期において)10人を割ることがあっても、

常態として10人以上の労働者を使用している場合には、

作成義務が存在します。

一方で、繁忙期にのみ10人以上の労働者を使用するというような場合には、

作成義務は存在しません。

 

A「10人以上」

企業単位でなく、事業場単位で計算する扱いとなっています。

 

B「労働者」

「正社員」に限定されるものではなく、労基法9条の労働者を意味しますので、

パートタイム労働者等も含みます。

ですので、「うちは正社員は7人で、パートが5人」という場合には、

就業規則を作成しなければなりません。