所定労働時間、法定労働時間、実労働時間の違い

<質問>

所定労働時間、法定労働時間、実労働時間の違いを教えてください。

 

<アドバイス>

法定労働時間とは法律で定めた時間のこと、所定労働時間とは会社が

定めた時間のこと、実労働時間とは実際に動いた時間のことをいいます。

 

◆「法定労働時間」とは、労働基準法で定めた1週間、

1日などの一定の期間に労働者を働かせることができる上限の時間

(1週間40時間以内、1日8時間以内)のことをいいます。

原則としてこの法定労働時間を超えて労働させることはできません。

 

ただし、就業規則に「残業を命じる」という規定があり、

「時間外・休日労働に関する協定届」(いわゆる「36協定」)を締結していれば、

協定で定めた範囲内で残業を命じることができます。

また、法定労働時間を超えて労働させた場合は、

割増賃金の支払が必要になります。

 

 

◆労働基準法では、労働時間の始め(始業時刻)と終わり(就業時刻)を必ず

「就業規則」に規定しなければならないと定めています。

この会社が定めた時間を「所定労働時間」といいます。

 

労働時間が

始業時刻9時〜終業時刻17時30分

の場合は、 拘束時間は8時間30分ですが、休憩時間が1時間あるため、

所定労働時間は7時間30分となります。

 

法定労働時間(8時間)より所定労働時間(7時間30分)が短いため、

法定労働時間に達するまでの間(30分間)は、

割増賃金を支払う義務はありません。

そして実際に働いた時間を「実労働時間」といいます。