土日に休日出勤させた場合、両方に休日出勤手当を払うのですか

<質問>

土日に休日出勤させた場合、両方に休日出勤手当を払うのですか

 

<アドバイス> 

休日出勤手当は「法定休日」に労働させたときに支払います。

たとえば日曜日を法定休日とした場合は、

日曜日に割増賃金を支払います。

 

◆労働基準法上、休日の割増賃金を支払わなければならないのは、

「法定休日」に出勤させた場合です。

法定休日とは「週1日または4周4日」のことをいいます。

そして、法定休日の割増率は、35%と政令で定められています。

 

一方、所定休日に出勤させても休日の割増賃金は発生しません。

ただし、週の法定労働時間(40時間)を超えた場合は、

時間外労働となるため25%の割増賃金が発生します。

 

◆法的には週1日の休日があればよく、必ずしも「休日は○曜日」と

特定する必要はありません。

法定休日でも所定休日でも割増率が同じであれば問題ありませんが、

法定休日と所定休日を分けて割増率を設定している場合は、

法定休日がどちらになるのかを理解しておくことが必要です。

予め就業規則で法定休日を特定している場合はその日になりますが、 

特定していないときはどの休日を法定休日とするのかを確認してください。

 

◆土日に出勤しても休日の割増手当は一方の休日(法定休日)で

よいということです。