残業を命じたら拒否されました。業務命令違反で処分できますか。

<質問>

残業を命じたら拒否されました。

業務命令違反で処分できますか。

 

<アドバイス>

就業規則に残業を命じる規定があり、

36協定の届出があれば労働者は残業命令に従う義務があり、

正当な理由なく拒否した場合は懲戒も可能です。

 

 

◆残業を命じるためには、次の要件を満たすことが必要です。

 

@労働協約、就業規則、労働契約のいずれかに「残業を命じる」という

定めがあること。

A過半数労働組合(ない場合は労働者の過半数を代表する者)との

書面による「時間外労働・休日労働に関する協定届」(36協定)を締結し、

労働基準監督署へ届け出ること。

 

労働者に残業を命じる根拠は@にあり、どの程度、

残業や休日出勤をさせるのかの限度がAの「36協定」に定められます。

 

 

◆残業命令について一般的な就業規則では、

「会社は業務上の都合により、時間外労働・深夜労働・休日労働を命じる。

正当な理由なく拒否してはならない。」

と定めています。

そして、「業務上の都合」が「36協定」に具体的に示されています。

就業規則に定めた内容が合理的なものであれば、

その適用を受ける労働者は、残業命令に従う義務を負います。

残業の都度、労働者本人から同意を得る必要はありません。

 

 

◆残業が必要な場合に、これを労働者が拒否したときは、

業務命令違反として懲戒処分の対象となります。

しかし、懲戒処分の前に労働者側から残業を拒否した理由を聞くことが

必要です。

理由も聞かずにいきなり懲戒処分を科すのは、労働管理上問題です。