残業は何時間までさせることができますか

<質問>

残業は何時間までさせることができますか

 

<アドバイス>

残業時間の限度は「36協定」で決まっています。

1日、1カ月、1年の限度を確認して、

その範囲の中で残業を命じるようにします。

 

 

◆法定労働時間を超えて労働させるためには、

就業規則に「残業を命じる」規定とどのくらい残業させるのかを

「36協定」で決めて労働基準監督署に届け出ることが必要です。

この残業時間数は労使で話し合って決めますが、

無制限に認められる訳ではありません。

下表の限度時間の範囲内で定めることが必要です。

原則 

1年単位の変形労働時間制適用事業場 

 1週間

 15(時間)

 14

 2週間

 27

 25

 4週間

 43

 40

 1ヶ月

 45

 42

 2ヶ月

 81

 75

 3ヶ月

 120

 110

 1年

 360

 320

 

この限度時間は、

@工作物の建設等、

A自動車の運転の業務、

B新技術、新商品等の研究開発の業務、

C厚労省労働基準局長が指定する業務

 

については、適用除外となっています。

協定の限度時間を仮に1ヶ月45時間、1年360時間とした場合は、

この両面を満たすことが必要です。

そのため実務的には1ヶ月の残業時間は

30時間(年360時間÷12ヶ月)が限度と言えます。

 

 

◆36協定で定める残業時間数は、原則的には「法定労働時間」を超えた部分です。