半休をとって終業時刻を過ぎて労働した場合残業代を払わなくてはならないですか

<質問>

半休をとって終業時刻を過ぎて労働した場合残業代を

払わなくてはならないですか。

 

<アドバイス>

法律上は法定労働時間を超えた時点から残業代の支払いが必要ですが、

「終業時刻を超えたとき」と別に定めた場合は、

その時点から支払わなくてはならなくなります。

 

◆労働基準法で割増賃金の支払義務が生じるのは、

法定労働時間を超えた場合です。

午後から出社して、所定終業時刻を過ぎて働いても、

労働時間が8時間以内であれば割増賃金を支払う必要はありません。

割増賃金は、実際に労働した時間が8時間を超えた時点から

支払うことになります。

 

◆ただし、割増賃金を支払うかどうかは、就業規則の定め方によって

変わります。

たとえば、「始業時刻9時、終業時刻17時、休憩時間1時間。

終業時刻以降の労働に対して残業手当を支払う」というように、

割増賃金の支払いを一定の時刻で定める例があります。

この場合は、実際の労働時間が8時間未満であっても、

就業規則上の支払義務として、終業時刻以降の労働に対しては、

割増賃金を支払わなければなりません。

 

つまり、半休をとって午後から出勤した場合でも、

午後17時を超えた時点から割増賃金の支払いが必要になります。

また、「法定労働時間を超えて労働した場合、残業手当を支払う」と

定めた場合は、終業時刻を過ぎても労働時間が8時間以内であれば

割増賃金を支払う必要はなく、

実際の労働時間が8時間を超えた時点から支払えばよいことになります。