1日の残業時間は30分単位で計算できますか

<質問>

1日の残業時間は30分単位で計算できますか

 

<アドバイス>

残業時間数は1日単位の端数処理はできません。

1ヶ月単位で

「30分未満の端数を切捨て、30分以上を1時間に切り上げる」

ことはできます。

 

 

◆残業時間は1分単位で計算することが基本ですが、

通達で次の方法が認められています。

(AとBは時間外手当を計算する場合)

 @1ヶ月における時間外、休日または深夜の各々の時間数に30分未満の

端数がある場合は切捨て、30分以上の端数がある場合は1時間に

切り上げること。

 A1時間当たりの賃金額および割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、

50銭未満の端数を切捨て、それ以上を1円切り上げること。

 B1ヶ月における時間外労働、休日労働、深夜業の各々の割増賃金の

総額に円未満の端数が生じた場合、Aと同じ処理方法とすること。

 

@のように残業時間数の計算は、1ヶ月単位であれば処理することが

できます。

1日の残業時間数を「30分以上1時間未満を1時間に切り上げる」

処理はできますが、「30分未満は切り捨てる」ことは、

労働者にとって不利な方法なので許されません。