1分の遅刻でも30分の賃金控除は可能ですか

<質問>

1分の遅刻でも30分の賃金控除は可能ですか。

 

<アドバイス>

1分遅刻で30分の賃金控除は、賃金の全額払いに違反するため違法です。

ただし、就業規則に減額制裁として規定すれば可能です。

 

◆1分の遅刻で30分控除することは、29分の賃金をカットすることになり、

賃金の全額払いに違反するので違法です。

しかし、遅刻をしたことに対する制裁であるなら、

減給制裁として就業規則に規定することで、

29分の賃金カットはできるということです。