休日のアルバイト、認めるべきでしょうか

<質問>
休日のアルバイト、認めるべきでしょうか

 

<アドバイス>

会社が認めればアルバイトは可能です。

会社は労働者の疲労、健康状態、生産性、企業秩序への影響、

情報漏洩などを総合的に考えた上で許可・不許可の判断をしましょう。

 

 

◆二重就業を禁止する場合は、就業規則に規定することが必要です。

しかし、仕事が終わった後や休日は労働者のプライベートな時間ですから、

何をしようと自由なので、就業規則に定めたからといって全面的に

二重終業を禁止することはできません。

また、はじめから短時間で働くアルバイトやパートまでを禁止することは

無理があります。

ただし、労働者としては、休日に休養をとって精神的・肉体的な疲労回復を

図ることが必要です。

そこで会社としては、二重就業の基準をつくり、労働者の申請に基づき

許可・不許可の判断をすることになります。

 

 

◆二重就業を認める判断基準

●精神的・肉体的に疲労がないこと 

●業務が質的・量的に負担が少ない、移動時間が短い、労働時間が短い、

出勤日が少ない等

●業務に支障がないこと 

●二重就業のために遅刻・早退・欠勤がないこと、居眠りをしないこと、

ミスしないこと等

●会社の機密が漏れないこと 

●同業者でないこと、技術・ノウハウが漏洩する恐れのない職種・業務

であること等

●会社の社会的信用等を傷つけないこと 

●会社の名前・名刺を使わない、違法な仕事でないこと等