TAC元社員を過労死認定/会計士補習で長時間労働

資格取得支援事業大手のTAC(東京)の経理担当で、昨年3月、

 

急性虚血性心疾患の為35歳で亡くなった男性について、

 

東京労働局中央労働基準監督署が、長時間労働による過労死として

 

労災認定していたと代理人の川人博弁護士が7日明らかにした。

 

川人弁護士らによると、男性は入社直後の2009年11月、

 

公認会計士試験に合格。正式に会計士となる為の実務補習を

 

週一回程度受けながら、休日出勤や徹夜の仕事をこなし、

 

多いときは月約125時間の時間外労働をした。

 

昨年3月、自宅で倒れ死亡。同12月、労災認定された。

 

川人弁護士は「TACは会計士の実務補習制度を熟知しているのに

 

十分な配慮もせず、長時間労働を強いたことを重く受け止めるべきだ」

 

と話しています。

 

メールマガジン労働情報より