過労自殺に労災認定(東京・亀戸労基署沖電気勤務の男性)

認定理由としては大きなプロジェクトへの配置転換があり、

 

1カ月当たり100時間以上の時間外労働が2カ月続いていたこと、

 

その結果うつ病を発症し、自殺にいたるまでの間に

 

再発しないように様子を見ていなかったことをあげています。