佐与福祉会不当労働行為再審査事件(平成22年(不再)第16号)命令書交付について

【命令のポイント】
〜 事業を廃止して職員全員を解雇した社会福祉法人三郡福祉会が解散する際に、

同会から基本財産を譲り受けた社会福祉法人佐与福祉会が、

三郡福祉会の元職員らが組織する組合からの、雇用保障問題などについての

団交申し入れを拒否したことは、不当労働行為に当たらないとした事案〜

 

三郡福祉会から佐与福祉会への基本財産である土地建物の譲渡について、

三郡福祉会の元職員の雇用関係を承継して三郡福祉会の事業を

再開するためのものとみることは困難である。

 

また、三郡福祉会と佐与福祉会が資金面等で関係があったという証拠や、

両法人が意を通じて元職員らを排除したという証拠もない。

 

従って、佐与福祉会は本件団交申し入れに応じるべき

使用者とは言えず、同会が本件団交申し入れを拒否したことは

不当労働行為に当たらない。

                               中央労働委員会より

 

詳しくお知りになりたい方はこちら

 

平成22年の主な中央委命令はこちら