名ばかり管理職訴訟・残業代の支払いを命じる山形地裁

山形市内の飲食店の元調理長が「名ばかり管理職」だったとして


未払いの残業代の支払いを求めた訴訟の判決が山形地裁であった。


判決で元調理長は、労務管理について一定の権限を与えられていたが


経営者と一体的な立場ではないと管理監督者の地位

 

にあったとは言えないと判断


ただ請求金額447万円に対して認められた金額は254万円とのこと


その理由は「被告側が一部期間の勤務記録を破棄しているから」とのこと

 

詳細についてはこちら