平成29年の初任給

厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況より

 

学歴別にみた初任給

平成29年の初任給を高校卒以上の学歴別にみると、男女計、男女別ともに、全ての学歴で前年を上回っています。

男女計 大学院修士課程修了 233.4千円 (対前年増減率 0.9%)
  大学卒 206.1千円 (    〃 1.3%)
  高専・短大卒 179.2千円 (    〃 1.3%)
  高校卒 162.1千円 (    〃 0.5%)
男性 大学院修士課程修了 233.6千円 (対前年増減率 0.8%)
  大学卒 207.8千円 (    〃 0.9%)
  高専・短大卒 180.6千円 (    〃 0.5%)
  高校卒 164.2千円 (    〃 0.4%)
女性 大学院修士課程修了 232.4千円 (対前年増減率 1.2%)
  大学卒 204.1千円 (    〃 2.1%)
  高専・短大卒 178.4千円 (    〃 1.8%)
  高校卒 158.4千円 (    〃 0.8%)

 

企業規模別にみた初任給

企業規模別の初任給を学歴別にみると、大学卒では、男女計、男女別ともに大企業(常用労働者1,000人以上)、中企業(同100〜999人)及び小企業(同10〜99人)の全ての企業規模において前年を上回っています。

また、高校卒では、前年と同額だった大企業の男性を除き、男女計、男女別ともに全ての企業規模において前年を上回っています。


 初任給の企業規模間格差(大企業=100)をみると、大学卒では、中企業、小企業ともに男女で、それぞれ前年に比べ格差が拡大しているが、高校卒では、中企業、小企業ともに男女で、それぞれ前年に比べ大企業との格差が縮小しています。


産業別にみた初任給

 主な産業について初任給を学歴別にみると、大学卒では、男性は「学術研究,専門・技術サービス業」 (217.0千円)、「情報通信業」(214.3千円)、女性は「情報通信業」(216.4千円)、「学術研究,専門・技術サービス業」(210.0千円)が高くなっています。

 

高校卒では、男性は「建設業」(171.0千円)、「学術研究,専門・技術サービス業」(168.4千円)、女性は「情報通信業」(165.6千円)、「建設業」(162.1千円)が高くなっています。

 

なお、性・学歴別初任給の対前年増減率の推移等、詳しくお知りになりたい方は、

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/17/index.html#print