大地震災害による休業

<質問>

今回の大地震で会社を休業せざるを得ません。

 

この場合、会社都合の休業として休業手当を

 

支払う必要はあるのでしょうか?

 

<アドバイス>

退職者の有給休暇

<質問>

有休、退職間際に残日数分(36日分)を一括請求されました。

 

応じなければなりませんか?

 

<アドバイス>

行方不明者の無断欠勤。退職か解雇か。

<質問>

無断欠勤が一定期間続き、本人の居場所が全く分からない場合は、

退職か解雇に該当すると思いますが、どういう処理をすればいいですか。

 

<アドバイス>

始末書の提出拒否で懲戒処分できますか

<質問>

始末書の提出を拒否されました。

業務命令違反で懲戒処分できますか。

 

<アドバイス>

休日のアルバイト、認めるべきでしょうか

<質問>
休日のアルバイト、認めるべきでしょうか

 

<アドバイス>

1分の遅刻でも30分の賃金控除は可能ですか

<質問>

1分の遅刻でも30分の賃金控除は可能ですか。

 

<アドバイス>

「忙しい」と言って健康診断を受診しない者への対応を教えて下さい

<質問>

「忙しい」と言って健康診断を受診しない者への対応を教えて下さい。

 

<アドバイス>

パートの就業規則はなくてもよいのですか

<質問>

パートの就業規則はなくてもよいのですか。

 

<アドバイス>

営業所の就業規則も届出が必要ですか

<質問>

営業所の就業規則も届出が必要ですか

 

<アドバイス>

精神的な病気で休職している社員の復帰の申し出

<質問>
精神的な病気で休職している社員から、主治医から就労可能の診断書が

出たので復帰したいという申し出がありました。

精神的な病気が治ったのかどうかが素人目にはわかりません。

主治医が就労可能と判断している限り、復職は認めなければなりませんか。

 

<アドバイス>

本人の希望であれば出産1ヶ月後に復帰させてもいいですか

<質問>
本人の希望であれば出産1ヶ月後に復帰させてもいいですか。

 

<アドバイス>

定年退職後に嘱託になった者、有給休暇は6ヶ月後から与えてもいいのですか

<質問>
定年退職後に嘱託になった者、有給休暇は6ヶ月後から与えてもいいのですか

 

<アドバイス>

当日の朝に請求された有給休暇は拒否できますか

<質問>

当日の朝に請求された有給休暇は拒否できますか

 

<アドバイス>

1日の残業時間は30分単位で計算できますか

<質問>

1日の残業時間は30分単位で計算できますか

 

<アドバイス>

休日の時間外・深夜の割増賃金の取扱いについて教えて下さい

<質問>

休日の時間外・深夜の割増賃金の取扱いについて教えて下さい。

 

<アドバイス>

半休をとって終業時刻を過ぎて労働した場合残業代を払わなくてはならないですか

<質問>

半休をとって終業時刻を過ぎて労働した場合残業代を

払わなくてはならないですか。

 

<アドバイス>

休日の出張を命じた場合、休日労働になりますか

<質問>

休日の出張を命じた場合、休日労働になりますか

 

<アドバイス>

育児をしている者に残業させてもいいのですか

<質問>

育児をしている者に残業させてもいいのですか

 

<アドバイス>

残業は何時間までさせることができますか

<質問>

残業は何時間までさせることができますか

 

<アドバイス>

残業を命じたら拒否されました。業務命令違反で処分できますか。

<質問>

残業を命じたら拒否されました。

業務命令違反で処分できますか。

 

<アドバイス>

振替と代休の違いは何かについて教えて下さい。

<質問>
振替と代休の違いは何かについて教えて下さい。

 

<アドバイス>

土日に休日出勤させた場合、両方に休日出勤手当を払うのですか

<質問>

土日に休日出勤させた場合、両方に休日出勤手当を払うのですか

 

<アドバイス>

祝日と休日が重なったとき、翌日は休日になるのですか

<質問>

祝日と休日が重なったとき、翌日は休日になるのですか。

 

<アドバイス>

タイムカードはないとだめですか

<質問>

タイムカードはないとだめですか?

 

<アドバイス>

試用期間中の賃金

<質問>

試用期間中の賃金を本採用後の賃金と区別することは

 

社員と試用期間中の者の身分による差別であり

 

労基法上違法なのではないでしょうか?

 

<アドバイス>

月の後半が忙しいのですが残業代が減るような労働時間制はありませんか

<質問>

月の後半が忙しいのですが

残業代が減るような労働時間制はありませんか。

 

<アドバイス>

始業前の掃除や朝礼の時間は労働時間になるのでしょうか

<質問>

始業前の掃除や朝礼の時間は労働時間になるのでしょうか。

 

<アドバイス>

所定労働時間、法定労働時間、実労働時間の違い

<質問>

所定労働時間、法定労働時間、実労働時間の違いを教えてください。

 

<アドバイス>

遅刻が多い新入社員。試用期間満了で辞めさせてよいのでしょうか

<質問>

遅刻が多い新入社員。

試用期間満了で辞めさせてよいのでしょうか。

 

<アドバイス>

高校生のアルバイトを採用する場合の注意点

<質問>

高校生のアルバイトを採用する場合の注意点を教えてください。

 

<アドバイス>

パートタイムに有給休暇

<質問>

パートタイム労働者に対しても有給休暇を付与しなければならないのでしょうか。

 

<アドバイス>

正社員からパートタイマーへの変更

<質問>

会社都合で、正社員をパートタイマーにかえられますか?

 

<アドバイス>

高校生のアルバイト

<質問>

高校生のアルバイトを雇うときの注意点について教えてください。

 

<アドバイス>

労働時間について

<質問>

事業の性格から時期的に大変忙しくなる時期と、

業務が少なくて人員に余剰が出てしまう時期とがあります。

ですから、繁忙期になると、1週40時間、1日8時間という

法定労働時間では対応することが困難ですし、逆に業務が少ない時期には、

もっと短い時間での勤務でことたります。

事業の繁閑に合わせて、労働時間を柔軟に設定することは

可能なのでしょうか。

 

<アドバイス>

女性の労働時間規制

<質問>

女性社員には、深夜業をさせてはいけないのですか?

 

<アドバイス>

営業マンの労働時間

<質問>

営業マンに残業手当を支給する必要がありますか?

 

<アドバイス>

パートタイマーの残業時間

<質問>

パートタイマーに残業をさせることができますか?

 

<アドバイス>

労働時間について

<質問>

従業員の1日の勤務時間は8時間、週の労働時間は40時間でなければならないのですか?

 

<アドバイス>

最低賃金の適用について

<質問>

最低賃金はどんな事業場や従業員にも適用されるのですか?

 

<アドバイス>

労働保険の加入対象者

<質問>

パートタイマーや会社の役員も、労働保険に加入しなければならないのですか?

 

<アドバイス>

資金繰りが厳しいときの給料支払い

<質問>

資金繰りが厳しいとき、給料について、従業員の了解をとれば

 

2週間延ばしてもいいでしょうか?

 

<アドバイス>

試用期間の長さは無制限なのでしょうか

<質問>

試用期間の長さは無制限なのでしょうか。

 

<アドバイス>

試用期間中の社員の本採用拒否は無条件にできるのでしょうか

<質問>

試用期間中の社員の本採用拒否は無条件にできるのでしょうか。

 

<アドバイス>

会社からの一方的な採用内定の取消は法的に可能でしょうか

<質問>

会社からの一方的な採用内定の取消は法的に可能でしょうか。

 

<アドバイス>

求人募集の際に、採用の条件として、30歳以下の者といった制約を課すことは可能でしょうか

<質問>

求人募集の際に、採用の条件として、

30歳以下の者といった制約を課すことは可能でしょうか。

 

<アドバイス>

就業規則による労働条件の変更とその手続きについて

<質問>

就業規則による労働条件の変更とその手続きについて教えてください。

 

<アドバイス>

就業規則届出の際「労働者代表の意見を聞きその意見を記した書面を添付しなければならない」とあるが労働者が反対した場合どうなるのでしょうか

<質問>

就業規則届出の際

「労働者代表の意見を聞きその意見を記した書面を添付しなければならない」

とあるが労働者が反対した場合どうなるのでしょうか。

 

<アドバイス>

就業規則は必ず定めなければならないのでしょうか

<質問> 

就業規則は必ず定めなければならないのでしょうか

 

<アドバイス>

病気入院し実家へ移る20代の息子を扶養可能ですか?

労務相談.gif 

 

<質問>

 病気入院し実家へ移る20代の息子を扶養可能ですか?

 

<アドバイス>

育児休業を小学校始期まで延長予定、社会保険料は育児休業なら全て免除ですか

 労務相談.gif

<質問>

育児休業を小学校始期まで延長予定、

社会保険料は育児休業なら全て免除ですか

 

<アドバイス>

傷病手当金から保険料控除は可能ですか

 労務相談.gif

<質問>

私傷病により病気休暇することになった社員がいます。

今後、受給する傷病手当金を会社が代理受領して休業中の保険料を

差し引くことは可能でしょうか。

 

<アドバイス>

65歳退職で給付は出るのか

<質問>

65歳の嘱託社員が、突然、退職を申し出てきました。

高年齢雇用継続被保険者期間は8ヶ月ほどしかないのですが、

一方的に退職して高年齢求職者給付金の対象になるのでしょうか。

 

<アドバイス>

部長兼任し役員報酬上乗せ、取締役就任で資格喪失するのですか

<質問>

部長兼任し役員報酬上乗せ、取締役就任で資格喪失するのですか

 

<アドバイス>

資格取得届を忘れてた!3年以上経過しているが、いつから被保険者か

<質問>

資格取得届を忘れてた!3年以上経過しているが、いつから被保険者か

 

 

<アドバイス>

週30時間未満でも雇用保険に加入するのか

<質問>

週30時間未満でも雇用保険に加入するのか

 

 

<アドバイス>

就業規則の変更・届出、各支店で意見聴取必要か

<質問>

同一県内に複数の支店があります。

就業規則はすべて本社で作成し、全社的に適用しています。

この就業規則を変更し、届け出るにあたっては、

各支店ごとに過半数代表者を選任し、その者の意見を

聴かなければなりませんか。

 

 

<アドバイス>

労災打切り後の休職期間、会社に補償義務はあるか

<質問>

労災保険法の休業補償給付について、傷害の症状が固定したことにより

打ち切られた場合、それ以降は労基法に基づき使用者が

補償しなければならなくなるということでしょうか。

 

<アドバイス>

私傷病欠勤で復職不可、自動退職の規定は有効か

<質問>

就業規則に休職期間が満了しても復職の見込がないときには、

退職とする旨が規定されています。

休職期間が満了するときに、その30日前に解雇予告あるいは

退職となることの通知が必要でしょうか。

 

<アドバイス>

離職理由巡り意見が対立、証明書にどう記載するか

<質問>

解雇により退職することになった労働者から退職時証明書について

請求がありました。

退職理由について、会社側と労働者に相違があるのですが、

このような場合、法的にはどのように対処したらよいのでしょうか。

 

<アドバイス>

労働者に責がある場合、解雇の認定いつ受けるか

<質問> 

労働者の責に帰すべき事由に基づいて解雇する場合、

労基署長の認定を受けられなければなりませんが、

この認定は解雇の意思表示をする前に受けなければならないのでしょうか。

1日も早く解雇したい場合、事後処理しても構わないのでしょうか。

 

 

<アドバイス>

行方知れずで退職扱いは可能か

<質問>

社員が無断欠勤し、そのまま行方知れずになり、

対応に苦慮するケースがあります。

「無断欠勤から一週間が経過した場合、退職とする」といった条文を

就業規則上に設け、トラブルを回避したいのですが、可能でしょうか。

 

 

<アドバイス>

雇止めで理由の証明必要か

<質問>

有期契約を3回以上更新した後、雇止めをする際には、30日前の予告が

必要になるという記事を目にしました。

従業員から雇止め理由の証明書を請求された場合も、会社は応じる義務が

あるのでしょうか。

有期労働契約が更新されなかった場合も同じですか。 

 

 

<アドバイス>

平成22年4月から労基法が改正されるが中小企業は当分の間猶予されるそうですが・・・。

<質問>

平成22年4月から労基法が改正されるが中小企業は当分の間猶予されるそうですが・・・。

 

 

<アドバイス>

休日労働をして代休を与えた場合、割増手当は支払う必要はありますか

<質問>

休日労働をして代休を与えた場合、割増手当は支払う必要はありますか。

 

 

<アドバイス>

時間外1分の端数処理を教えて下さい

<質問>

時間外1分の端数処理を教えて下さい。

 

 

<アドバイス>

改正労働基準法で平成22年4月1日から月60時間以上の時間外労働に割増5割に。猶予される「中小」の範囲は

<質問>

改正労基法案が成立し、月60時間以上の過重労働発生時には

5割の割増賃金支払い等が義務付けられると聞きます。

中小企業への適用は当面猶予されるといいますが、

「中小」の範囲はどう定められているのでしょうか。

 

 

<アドバイス>

会社創立祝い等休日を増やすと、割増賃金の単価が上がるがやむを得ないのですか

<質問>

会社創立祝い等休日を増やすと、

割増賃金の単価が上がるがやむを得ないのですか。

 

 

<アドバイス>

研修費用の返還について

<質問>

研修が済んで間もなく、社員が退職してしまった。

今後退職した社員に研修後3年以内に退職したら

研修費用を返還させるとの取り決めしてもいいのでしょうか。

 

 

<アドバイス>

日給の場合割増計算をする場合、1時間賃金の定めは必要ですか

<質問>

日給の場合割増計算をする場合、1時間賃金の定めは必要ですか。

 

 

<アドバイス>

昼休みの休憩業務繁忙で30分未取得、休憩の残りは手当支給にしてもいいのでしょうか

<質問>

当社は昼の12時から午後1時までを休憩と定めていますが、

1日を通して来客で忙しいため、なかには休憩を十分に

取れていない者もいるようです。

30分の休憩時間しか与えられない者がいました。

給与を支払う際に短縮した30分を手当として支払いたいのですが、

可能でしょうか。

 

 

<アドバイス>

半日年休も労働時間に含むのですか。午後出社し残業した場合割増払う義務はありますか。

<質問>

当社の労働時間は午後8時から午後5時で休憩1時間の

8時間です。

社員が半日年休を取得し、午後1時から出勤して、

午後7時まで勤務しました。

午後5時以降の勤務には時間外割増賃金25%を

支払わなければならないのでしょうか。

 

 

<アドバイス>

未払い残業代について

<Q>

集金したお金を横領した社員を解雇したところ、

弁護士名で、未払い残業代(恒常化していたサービス残業分)の

請求がきました。

どうしたらいいか教えてください。

 

 

<A>

社員への損害賠償請求について

<Q>
不注意で社有車をお得意様の塀にぶつけた者がいる。
修理費用を全額請求できるか?


<A>

社員の健康診断について

<Q>
社員に健康診断の受診を命ずることができますか?

<A>

未消化の年休を買い上げて問題あるか?

<Q>
年休の消化率が思わしくないので、
未消化の年休を買い上げたいと思うが、法的には問題はないでしょうか?

<A>

年次有給休暇の事後請求について

<Q>
急病で欠勤した後で、欠勤日を
年次有給休暇にしてほしいと求められたが与えなければならないのか?


<A>

退職者に対する年次有給休暇の取り扱いについて

<Q>
退職する者が退職届提出と同時に年次有給休暇の
未消化分全部について申請してきました。

時季変更権を行使したいのですがいかがでしょうか?

<A>

セクハラについて

<Q>
どのような言動がセクハラになるのか?

<A>

パートの雇用保険の加入手続きを忘れていた。

<Q>
パート社員の退職に際し、10年勤務したパート社員の
雇用保険資格取得手続きをしていなくて
「10年間遡っての加入、
それが出来ない場合10年間加入に見合う失業給付と実際にもらえる
失業給付との差額」を請求されました。

<A>

年金をもらっている人は社会保険に加入しなくていいか?

<Q>
62歳の人を採用したが、
「年金を貰っているので社会保険には入りたくない」と言われ、

会社としても
「保険料負担が助かる」と
思って加入手続きをしていなかったところ、

社会保険の総合調査の際その社員につき入社時に遡って
社会保険の加入手続きをするよう指摘されました。

なお、社員には入社時に遡って年金の返還を要求するとのこと。

<A>

定着するか様子を見てから社会保険の加入をしていいか

<Q>
社員の定着が悪いので入社後3ヶ月間様子を見て、
社会保険加入の手続きをしていいでしょうか?

<A>

パートタイマーの社会保険加入について

<Q>
パートタイマーの社員が社会保険への加入に難色を示しているのですが、
本人が社会保険加入を拒否した場合加入させなくても良いのでしょうか?

<A>

社員の同意を得ずに賃金をカットできるか?

<Q>
不況の影響で様々な経費削減をしてきましたが、
経営は上向かず、ついに人件費を
圧縮しなければならなくなりました。

社員の同意を得ずに給料の減額に踏み切りました。
就業規則には賃金カットをする場合の
取決め(減額措置の根拠)がなかったため、

「会社の都合による一方的な給料引下げは無効だ。」と
 労政事務所に訴えられました。

このような減額には問題はあるのでしょうか?


<A>

仕事がなく休ませた日の給与について

<Q>
この不況の中で仕事が減り、所定労働日の2日間休業した。
その場の給与の支払はどうしたらよいでしょうか?


<A>

営業手当を払っていれば割増手当を払わなくていいか

<Q>
営業手当を残業代の代わりに支払っていれば、
残業手当を払わなくてもいいと考え、
一律の手当を支払い残業手当を支払っていなかったところ、
労働基準監督署の臨検の際、割増手当を
2ヶ月遡って支払えと指導を受けたのですが・・・


<A>

8時間以内の残業に割増賃金は必要か?

<Q>
当社の所定労働時間は、午前9時から午後5時までです。
昼に一時間の休憩があるので実働7時間となっています。

この場合、午後5時から1時間の残業を行ったときは
どのように処理すればいいでしょうか?


<A>

遅刻した者の割増賃金について

<Q>
遅刻した者の割増賃金について
 
 
<A>

お客とのトラブルのため退職の際社員との話合による離職票の退職理由

<Q>
社員Aは、客とのトラブルが多く何度も注意指導したが、
いっこうに改めることをしないので、退職を勧めた。
その際、本人から自己都合退職にしてほしいとの要請があったので、
離職票には「自己都合退職」と記載した。

ところが、職安から社員Aの退職理由について聞きたいとの
電話が入った。どのように対処したらよいでしょうか?

<A>

解雇したら助成金を返さなくてはならない?

<Q>
従業員を会社都合で解雇したところ、公共職業安定所から
「特定求職者雇用開発助成金」を返還するよう請求されました。


<A>

希望退職を行うにあたって必要な社員の退職引止めについて

<Q>
希望退職を行うにあたって、
会社にとって必要な社員に退職されると困るので、
応募者について、会社は業務上の都合により希望退職者の
申入れを拒否することがある
」とする募集方法は有効でしょうか?

<A>

正社員からパートへの切替について

<Q>
不況の中、仕事が少なくなってきたので、
正社員からパートへの切替の必要性について理解を求めるため
全社員に説明したところ、労働組合(連合系)へ相談に行かれました。


<A>

勤務終了後、アルバイトをしている者の解雇について

<Q>
勤務終了後のアルバイトを理由として、
懲戒解雇にすることができますか?
 
 
<A>

無断欠勤を続ける者の解雇について

<Q>
勤務不良な社員を注意したところ、
その後出社しなくなったので退職とみなして続きをすると、
その後その社員から突然

「解雇されたので解雇予告手当てを払え」

と手紙が届き、労働基準監督署に訴えられました。


<A>

協調性のない者の解雇について

<Q>
社員で協調性のない者がいます。
解雇したいのですが注意する点を教えてください。
 
 
<A>

女性を優先する解雇はできるか?

<Q>
リストラの必要があって退職勧奨する場合、
女性は一般的に夫の収入で十分食べていけるので、
男性に先んじて対象としてかまいませんか。


 

 
<A>

人があまった部署の解雇について、誰を整理解雇すべきか?

<Q>
人があまった部署で誰を整理解雇すべきか。
 
 
<A>

試用期間中の者の解雇・本採用拒否について

<Q>
試用期間中の者について、
どういう場合に解雇や本採用を拒否することができるのか。
 
 
<A>

試用期間中の解雇予告義務について

<Q>

今春社員を採用しましたが、勤務態度・能力が劣っており、
解雇したところ労働基準監督署へ訴えられ、
労働基準監督署から解雇予告手当を支払うよう指導を受けました。

就業規則では、

「試用期間を三ヶ月とする。引き続き従業員として勤務させることが
不適当と認められる者は解雇する。」


旨の規程があり。
この場合、三ヶ月間の試用期間中解雇予告は必要ないと思うのですが?


 <A>

解雇予告手当ての受取を拒否された場合

社員Aは無断欠勤が多くしかも協調性がなく、
仕事上のミスが頻発しています。

そこで、当社としては、社員Aを解雇することを決定し、
本人にその旨を告げ解雇予告手当を支払おうとしたところ、

社員Aは
「この解雇は不当だから応じられない」

主張し、解雇予告手当の受取を拒否されました。
このような場合どのように対処したらよいでしょうか?


 
<A>

反復更新した契約の更新拒否は解雇になるか?

1年契約で女子パートタイマーを雇用しています。
毎年、契約期間の期間満了にともなって
そのつど更新しています。


このような場合に更新を拒否する時は
労働基準法第20条1項に基づき、
解雇予告なり予告手当を支給する必要があるのでしょうか?


 
<A>

サラ金に多額の借金がある者の解雇について

<Q>
サラ金に多額の借金があり、会社に取り立ての電話が頻繁にかかってくる。
この者を懲戒解雇の処分にすることができるか?
 
 <A>

営業成績が不良の社員の解雇はできますか?

<Q>

営業成績が不良な社員の解雇はできますか。

 

<A>

無理やり会社に残業する社員について

<Q>
無理やり会社に残業する社員について。

 
 
<A>

西塔社会保険労務士事務所へのご質問

<業務に関する質問>

<Q1>  
サポートの範囲を教えて下さい

<A>
遠方の方に、「西塔さんのような社労士が近くにいないのが残念」と
よく言われます。

サポートの範囲は、
○訪問する必要がある案件に付きましては、
 山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡・西村山郡です。

○電話・メールでの相談、指導については全国に対応しています。
 福岡、東京、神奈川、千葉、福島、宮城、秋田にもお客様がいます。



<Q2> 
会社を設立しました。けれども、営業出身なので
経理・総務のことはほとんどわかりません。
そうかと言って、事務専門のスタッフを雇う余裕はありません。
経理や給与計算、社会保険の手続きなど、
全ておまかせしたいのですが引き受けてもらえますか?

<A>
言われている業務の引き受けは可能です。創業時の会社は、
事務社員を雇う余裕はないところが多いです。

そんなときは経理や労務のアウトソーシングする方が、
品質も保証され、結局、コストの削減に繋がることが多いです。
ただし、経理については責任をもって税理士さんを紹介します。



<Q3>
顧問社労士はいますが、同時並行で顧問をしてもらうことは
可能ですか?特に手続き業務以外に、
労務や売上げ拡大などの経営相談にのってほしいのですが

<A>
実際、弊社のお客様には、2人以上の社労士さんと
契約されている会社が数社あります。
    
社労士といえども、各人それぞれ強い分野が異なります。
マーケティングに強い社労士がいれば、経営計画、人事に強い
社労士もいます。

また、豊富な経営情報をタイムリーに提供することを
強みにしている社労士もいます。

契約される会社の方でうまく使い分けができるのであれば、
数人と顧問契約をするメリットはあると思います。

どういう目的でもう一人社労士を増やされたいのかお聞かせ下さい。
御社のご希望に沿うように、顧問サービスを無料で設計したします。



<Q4>
うちは、手続き業務はほぼ完璧に会計処理ができています。
毎月の顧問は不要なので、労務に関する相談だけでも
お願いできるのでしょうか

<A>
お受けいたします。まずはこちらからお問い合わせ下さい。




<技術的な質問>

<Q1>
登録した覚えがないのにメールが送られてきました

<A>
当事務所では、登録していただいた方のみにメールを送付しています。
ダイレクトメールのような形で無作為にメールを
送付することはありません。

もし、登録した覚えがないのにメールが送られてきた場合は、
第三者が登録時に間違えたメールアドレスを入力してしまった
可能性があります。

お手数ですが、以下から登録の解除をお願いできますでしょうか。
メールアドレスを変更する場合はコチラをクリックして下さい。


<Q2>登録したのに、メールが送られてきません

<A>
通常、登録から24時間以内に登録確認のメールが配信されますが
それが届かない場合は、登録されたメールアドレスが間違っている
可能性があります。

念のため、再度登録をお願いします。
メールアドレスの登録は2重にはできないことになっているので、
もし再度登録しようとしても2重エラーが出る場合は、
正しいアドレスが登録されているはずです。



<手続きに関する質問>

<Q1>
登録を解除したい(配信を停止したい)のですが、どうすればいいですか?

<A>
配信されたメールの末尾にありますURLから登録の解除をお願い致します。


<Q2>
メールアドレスを変更したのですが、どうすればいいですか?

<A>
下記からメールアドレスの変更届をお願いします。